目指せ経済的自由!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽に始められることのリスク

こんばんは、すいきです。

相場はリスクオフ気味に推移していますね。
米ADP民間雇用者数が予想よりもよく、戻っていますが、予断を許さない状態です。
この流れで、金曜は米雇用統計です(笑) どうなるんだろう?天のみぞ知るところです。
がしかし、雇用統計が良いということは、予定通り金利が上がる。
雇用統計が悪いということは、アメリカ景気が悪くなっている=どちらにしてもリスクオフしか見えないですね(´・ω・`)

というわけで、半年くらいずっと持ちっぱなしにしていたユーロ円ショートですが、
先ほど全部利確しました! マイナスの時期もありましたが、十分に利益が乗り一安心です。


さて、タイトルを回収しにまいりましょう。
結論から言うと、手軽に始められるものは、利益も低い傾向にある、または利活用が難しいです。
かけた時間に見合う利益が得られないリスクがあります。

例えば、株やFX、投資信託が良い例です。
昔と比べて、ほぼ誰でも利用ができるようになりました。
それゆえ、相場を読むのが難しくなり、かつ中央銀行や国のイベントなど数えてもきりがないほどの影響する要因が点在しています。
また、投資信託に至っては、色々な投資商品がパッケージになっています。
一般の方が買う場合、中身を確認しないで買ってるんじゃないでしょうか?
ETF連動でも、どの銘柄や商品がどれくらい寄与しているかは確認しないでしょう。

そういうものに限って利益があまり出ないのです。
理由は簡単、やってる人が多いから。相場の基本は、人と反対のことをすること
みんなが株を売れば、買いに走り、みんなが買えば、売りに出動する。
これは商売の基本でもあります。安く仕入れいて、高く売る、投資でもトレードでも、基本的な原理原則です。
稼ぐにはそれなりに労力をかけて、戦略と戦術を考える必要があります。

一方で不動産投資や私がやっているクラウドファンディング。
不動産投資は額も大きくなるので、みんなできるわけではないですよね?
クラウドファンディングもすごく簡単なんですが、従来の株などの金融商品と違うので、
よく分からないものはやりたくないというのが人の心情、案外低リスクで良い金利が付きますが信用できない。
もちろん、これらも上で紹介した原理原則が当てはまります。
良いときもあれば、やってはいけないときもあります。

他にも簡単に始められるものといえば、ブログやお小遣い稼ぎのサイト、
これらも簡単に参入できるようになり、収益化するにはかなりの努力が必要になります。
これだけで数年食べていける人は本当にごくわずかです。


といっても、難しいからいいというわけでもないので勘違いしないでください。
難しそうと・・・と思っているものでも本気で勉強し、学んでいけば稼げるようになる可能性は高いです。
ある程度のリスクを負わない限り、それなりのリターンを得られないのも原理原則です。

あなたがもし投資やビジネスをやっている場合、それは簡単ですか?それとも困難極まることですか?
困難なことほど、色々と無駄になるかもしれないリスクがある一方で、リターンも高くなる傾向にあります。
簡単なことなら、ローリスク・ローリターンです。
が、工夫次第で変えていけます。

投資やトレードに限っていけば、時間や商品を分散したり、オプションを駆使したり、色々な手法ややり方があります。
常に稼げる方法なんてありません。
基本的な原理原則を押さえつつ、その時にあった手法を選択すべきです。

簡単に始めて稼げるなら、周りの人も同じく稼いでいるはず。
稼いでいる人がいるということは、稼いでいない人・損している人が裏にいるわけですから、
常にどうするか考え続けるしかありません。

頑張れば稼げるわけでもありませんが、学んでチャンスをつかむ以外には稼ぐことはできません。
チャンスが来た時に全力が出せるよう、何をすべきか?ぜひ考えてみてください。

簡単ということは、リスクが潜んでいるかもしれない・・・・そういった見方を一度してみて頂ければと思います。
スポンサーサイト
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

経済的自由と経済的拘束

こんばんは、すいきです。
今日から仕事始めの方が多いんでしょうね、私は明日からです。

相場の方は、取引初日からリスクオフムード一色、
中国の上海総合指数は、早速サーキットブレーカーが発動しましたね。

■ 中国株、初のサーキットブレーカー発動 7%安で売買停止 (ロイター)


さて、本日はタイトルの「経済的自由」と「経済的拘束」のお話です。

一般的な働いている人の多くは、1週間をどのように過ごされているでしょうか?
1週間は7日、5日働き、2日休みというのが一般的ですよね。
途中休暇があるにせよ、その実に半分以上が労働に費やされています。

では経済的自由とは、どういった状態か?というと、
働かなくても生活できる状態をいいます、資産などがお金を生み出してくれるからです。
別に1週間0労働で無問題です。

一方で、経済的拘束はその逆です。
ブラック企業に勤めている、あるいは管理職で休日も出勤・・・という感じに1週間ずっと労働。
悪く言えば、社畜や会社の奴隷といわれます。

そして、一般的な人は働く割合が5:2で経済的拘束の側です。
いわば、会社に拘束された状態なわけです。

ゆえに、一般的なゆっくりとしたペースの資産運用で、
定年後には大きな資産になっているというのは割に合わない、かなりリスクをとっていることになります。

なにせ、その労働をしている時間が人生で一番活発に活動できる時期だからです。
もちろん、大きなリスクをとって資産運用すると、それなりの損失も覚悟する必要がありますが、
今後の日本というか世界では、資産運用は必須スキルになります。

それができなければ、それすなわち経済的拘束まっしぐら。

ここ数年、多くの方が株やFXでデイトレードなどの短期トレードをされていますが、あれも労働です。
もちろん短期的にお金を増やす方法としてはよいのですが、
拘束時間が長い、メンタル面の影響がでかいです。
トレーダーは投資家とは違います。高所得者です。(もちろん、やり方によっては投資に変わります)

また、テクノロジーの進歩や行政施策の変更で、
ここ数年(3~5年)で、多くの方のライフスタイルが変わる可能性が出てきています。

あなたは、どうしますか?
もちろん、今の状態で株やFXをした方がいいなんて決して言えませんし、
私も今取引停止していますから。

しかし、また来るであろうチャンスに向けて一歩でも準備しておかないと大変なことになりかねません。
将来、年金や社会保障がどこまで充実しているか分からないからです。

あなたは経済的自由、経済的拘束どちらが良いでしょうか?
じっくり考えて、経済的自由が良いと思われたら行動してください。
行動する人は、勝手に動きます。どうしようかな・・・と考えているあなたは、決して変わろうとしていないということを認識してください。

今年も私は、経済的自由を目指して進みます。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

20世紀と21世紀の違いと投資

こんばんは、すいきです。
最近、相場のことばかり記事にしていたのでたまには別のことを記事にしたいと思います。

さて、タイトルの「20世紀と21世紀」。
今までの1900年代と2000年代の違いは何になるか。
これが今後の世界的な流れを知る手がかりになります。

いきなりテーマが壮大ですが、これが分からないと、お金の流れが読めません。
すなわち投資に直結する重要事項です。


さて、切り口は色々ありますが、
よく言われていることは、
20世紀は、答えを探す時代でした。
今の学校教育がそうですね。
いかにして、早く正しい正解を導きだし、答えるか。それが最優先事項でした。

一方で、21世紀になり、すべての答えは出てないにしても、
多くの答えは出始めています。しかも、インターネットなどを通じて、
高速で正確に答えを出すことができます。(多くは途中に必要な予備知識なしでも)
即ち、既に正しい答えを導くというレベルの先に行く必要に迫られているのです。
で、21世紀に求められるのは何? ということですが、
それは、今までの答えを組み合わせたり、応用することです。

まとめTると、
20世紀は、早く正しい答えを導き出す、「情報処理」の技術が求められました。
21世紀は、情報をまとめ上げる・組み合わせる、「情報構成・編集」の技術が求められます。


これを投資に当てはめて考えると、既に技法やパターンは確立しています。
それをどこに、どうやって、どのタイミングで、どの程度のお金を配分・投資するかがポイントになってきます。

また、情報がすぐ手に入る世界において、世の中が変わるスピードも速くなっています。
今後、10年、20年後には、投資という概念が変わる可能性もあるかと思います。
その時は、先に述べた「情報構成・編集」の技術で、柔軟に対応していく必要があると考えています。

とりあえず、当分は未来に向けて投資をしましょう(^^)♪
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ投資家になりたいか分析してみた

すいきです。
今日は、だいぶ期間が空きましたので、
改めて当面の目標を考えてみました。

analysis.jpg

とりあえずの最終的な目標は経済的自由ですが、私はその前に投資家になるというプロセスを経ようと思っています。
というわけで、じゃあなぜ投資家になりたいか?ということについて分析してみようと思います。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

相場の天井圏でこれだけはやってはいけない5つのこと

こんばんは、すいきです。

financial-crisis.jpg


本日の話題は、『相場の天井圏でやってはいけないこと』です。
最近は、書店でも東京オリンピックまでは日本株を買え!だとか、
アベノミクスで円安が持続するから外貨や外債、外国株を買え!だとか、やたらとそういう類の投資本が多くなってきました。もちろん、そういう本も読みます。ただ、書いてある内容が、本当にあなたは投資をしたことあるの?という残念な本も結構あります。

このブログをご覧の皆さんは、私がそろそろ危ない!危ない!、と何度も言っているので、
イケイケドン♪、ずっと株価は上がり続ける!などと思ってる人は少ないと信じていますが、
おそらく相場の天井圏、ようはバブル崩壊が近いと思っています。

もしかしたら既に天井圏にいる可能性もありますし、来年くらいまでリスクオンが持続している可能性もあります。
また、アメリカが利上げしても、市場は身構えて準備していますから、
即米株急落、円高反転、みたいなことは起こらないとは考えています。

ただ、もうすぐ近くまでそういった時期が近付いていることは確実ですので、警戒は怠らないようにしましょう。

さて、『相場の天井圏でやってはいけないこと』、5つを紹介します。

続きをどうぞ!
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
NEWS・情報サイト
プロフィール

すいき

Author:すいき
投資歴5年目突入、
FXと株をやっている30前半の兼業投資家で、経済的自由の獲得を目指しています。

スイング~中期の長くポジションを持つスタイルです。
FXは裁量+トラリピ。
株は中・長期の配当・株主優待狙いがメインですが、最近はコモディティや株価指数に連動するETFを買ってます。

2015年、融資型クラウドファンディング開始。順調に利益が伸びてます。

Twitter:
@suikij_rich8888

twitter
RSS 新着記事
ブログリンク
オススメ記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。