目指せ経済的自由!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

【感想】黒田総裁 記者会見

すいきです。
先ほどに続き本日2つ目の記事です。

黒田総裁の記者会見、日本経済新聞HPにてライブ中継してましたので、そこで見てました。
結論から言うと、来月も追加緩和なさそうですねwww

ひとまず、「当初の予定通り、順調です」、「上下のリスク要因がありますが、何が起こったら躊躇なく調整します」を連呼しておりました(笑)

後半、「前回金融緩和しません発言で、株安・円高が起こりましたが、今回は追加緩和しないのですか?」っていう旨のかなりダイレクトな質問がありました。質問した記者の方、グッジョブです(o・ω´・b)
黒田総裁、苦笑してましたが、ひとまず「答えにくい質問ですので曖昧な答えになりますが」という前置きの後、「リスクがでたら躊躇なく調整します!」だそうです。
前回の発言で各方面から何か言われたんですかね(笑)
とりあえず、追加緩和に関する発言は全てスルーされました。


さて、会見前ドル円が102.30円にタッチして、
記者会見開始後から、円安に触れてますが、ひとまず昨日からの急落の反発に短期筋が乗ってる感じですね。
それと、米ドル/元がドル高になっていて、ドル買い需要が高まってるというのもあるみたいです。

そろそろ、独の失業率発表を皮切りに指標ラッシュになります。
良い数字が出たからと言って、噂で買って、事実で売るパターンも大いにあります。
今月頭の雇用統計がそうであったように、相当良い数字が出ない限り今週末の雇用統計もそうなりそうな予感がしてます・・・。

NYダウは昨日上げましたね。先週よりは米企業の決算がよかったみたいです。
ただ、ここ最近の米株高って、自社株買いで株高になってるんですよね・・・。

よく、ニュースサイトや雑誌の記事だとこれから一段高で円安・株高(海外株も含めて)と書いてあるものが多いですが、こういう専門家が強気になり始めたら大抵逆になるのが最近のパターンです。

私は基本的に、投資をしてないジャーナリストや経済評論家の言うことは信じません。大抵当たらないからです。
そして、雑誌など特に、利害関係が絡むので下がると思っていても、上がるとしか書けないとうこともあるでしょう。
なので、話半分で見たりする方がいいです。


ではでは、来月どうなるか楽しみで仕方ありません(^^)

スポンサーサイト
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

追加緩和 見送り

こんにちは、すいきです。

今日から私もGW突入です♪

昨日は20:00頃からユーロ全面売りでしたね。
ドイツの消費者物価指数が悪かったので、ユーロの金融緩和期待と合わさってユーロが売られました。
もちろん私もその波に乗って、ユーロ円売りました。
50pipsほど利益載せて利確したんですが、今日のお昼くらいまでホールドしとけばよかった(>_<) 100pipsはとれたのに・・・ちょっと後悔です。



さて、日銀の金融緩和は現状維持、もうすぐ日銀展望レポート発表ですが、黒田総裁が何を言うか分からないので、市場は小動きですね。

今日の夕方以降の指標は以下の通り。

16:55 独 失業率(4月)
16:55 独 失業率 季調済(4月)
18:00 ユーロ 消費者物価コア指数 前年比 速報
18:00 ユーロ 消費者物価指数 前年比 速報
21:15 米 ADP雇用統計(4月)
21:30 米 GDP 前期比年率 Q1 速報
22:30 米 個人消費 Q1 速報値
22:45 米 シカゴ購買部協会景気指数(4月)

ユーロの指標が予想より低いと追加緩和期待につながり、ユーロ安へ。

米の経済指標が悪いとドル安につながります。米ADP雇用統計は、週末の雇用統計の前哨戦と言われていますので、これが低いと期待できないかもしれません。ただ、ここ数か月あまり関連性がないので、最近はあてになるか不明です。

米については、経済が良くなっているかが焦点ですが、雇用については、あまりよくなっていないようです。
というのも、失業率が減っていますが、それはパートやアルバイトが増えているのと、失業してるけどカウントされない人も増えてるんですね。なので、市場は失業率に反応しますが、実態経済としては特に好転したとは言えません。
最近の米指標も、いいものと悪いものが交互に出てる感じです。指標の上では回復基調ですが、実体経済は日本と大差ないかと思っています。


というわけで、今日の相場はどうなるか・・・楽しみです(^^)
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は円安に推移 でもまだレンジ内・・・

こんばんは、すいきです。

本日は、昨日に引き続き円安で推移してます。

さて、ではなぜ円安方向へ行ってるのでしょうか?

一つは、明日の金融緩和期待。もう一つはレンジの下限にいたのでそこからの反発ですね。

では、チャートの方見てみましょう。まずは、ドル円の日足。

ドル円_日足_201400429用画像

目盛りが見えないかもしれないですが、10月末辺りから今日までの日足で黄色いラインを2本引いてます。
綺麗にボラが小さくなってきてるのが分かるでしょうか?そして、その下のラインにタッチしかけてたので反発したと判断できます。

あ、この黄色いラインは、引きようによっては数十銭くらいはぶれますし、軽く抜けたからといってブレイクというわけではないですからね~。そこは注意して下さい。

結構円安へ傾いてるかのように見えて、実は昨日からの上げは大したことないことが分かります。

ちなみに現時点の、上下ライン位置は、ざっくりとですが、上103.50円、下120.00円。時間が経てば、狭くなっていくものですが、明日以降におそらくどちらかにブレイクするでしょう。
指標などの結果によっては、レンジ続行ももちろんあり得ます。


次はユーロ円。


ユーロ円_日足_201400429用画像

ドル円よりレンジが狭いのが分かるでしょうか。いつ爆発してもおかしくなく、昨日から上への力がすごい割には、依然レンジ内、上142.60円、下141.20円。

ドル円に限って言えば、上へブレイクすれば、直近最高の105円へ。下へブレイクすれば、100円割れへ、と予想してます。

日銀の金融緩和は、今回もスルーが市場のコンセンサスなので、しますなんて発表があると瞬時に数円上へブレイクすると思われます。
ない場合は失望の円買いですが、黒田総裁が記者会見で何を発言するかで大きく変わってくると思います。前回同様、自信満々で現状維持を語ると、急落しそうな気がしますw
明後日の早朝はFOMCの発表もありますので、ブレイクしても戻って来るリスクはあります。どうなるか分かりませんが、ボラがすごいと予想してますので、デイトレが得意な方は、短期で細かくとっていくのもありかと思います。


最後にユーロについて、
明日の消費者物価の指標に注目です。ドラギ総裁は、ここ数日で金融緩和必要ないとか言いだしましたが、少し前は、必要かもしれないとか言ってました。ずっとそうですが、いい加減すぎです(>_<)
行き過ぎたユーロ高も金融緩和実行の条件に入ってたはずですので、ここでまだしませんとか言おう日にはユーロ高がさらに進行しそうですね。


それでは明日、皆様の健闘を祈ります(・д・ゝ)

      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

今週は勝負の週ですよ~

こんばんは、すいきです!

今週は今後数か月の相場に影響する週ですね。重要指標などが目白押しです。

ひとまず今日は重要なものはないのですが、クロス円が円安方向へ跳ねて、米指標がよかったので円全面安となっていますが、数日分の円高が戻った感じで、特に小動きですね(>_<)

一方日経平均は、下げました。日銀会合を控えてポジションを手じまう感じですね。
まあ、明日の日本は祝日で相場もお休みですからね。
そして、私はもちろん仕事ですwww

ひとまず、明日重要なのは、ポンドに関連して、英GDPの速報値、米消費者信頼感指数ですかね。
日本時間で夕方、ヨーロッパ時間あたりからボラがでたり明後日に向けて色々動き出すか、全く動かなくなるかどっちかですね~。

それにしても、ユーロ高が続いてますね(@_@)
そろそろドラギマジックという名の口先介入も限界で、このままだと調子のいいドイツもデフレになりかねません。
何らかしかの資産購入あるいはマイナス金利の噂がでてますが、量的緩和が必要かもですね。

ただ、日米のようにばんばんお金を発行する感じにすると世界中がお金で溢れて、この行く末はどうなるかかなり心配です。


さて、まだGWに突入してない方はもうひと踏ん張り頑張りましょう!!

      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

FXでの投資手法

前回記事の、株の投資手法に続いて、私のFXでの手法を紹介しておきます。

こちらは、デイトレ+スイングトレードです。
仕事帰りの夜にデイトレできるので、よくやっています。

ただし、メインはあくまでスイングトレード。外れると大きく損が出るんですが、当たるとすごい大きいです。それと、少しの間放置しておけるのも働いている私にとっては相性が良いです。

M2J(マネースクウェアジャパン)のトラリピもやってます。
資金が潤沢にあるわけでないので、こちらもスイングトレードで予想しているレンジに例えばドル円なら10銭単位で狭い範囲で仕掛けています。こちらも数週間は放置できるので楽ですね♪

ちなみに、レバレッジですが、デイトレは10倍程度、スイングは5~10倍くらいでやってます。
資金的には株より少ないですが、ある程度プラスを出せるようになれば、取引量を上げるだけですので、とにかく続けて自分の投資手法を確立することが大事だと思っています。

数年前始めた時は、右も左も全く分からず、かなりの損失を出してますが、最近はだいぶ方向性が分かるようになってきました。ひたすら続けることが大事だな~と実感してます。
システムトレードにも挑戦してましたが、大損したのでやめましたw どうしても自分でやった方が利益が出るんですよね orz


株では、基本的にファンダメンタル的な要素は無視してますが、FXではファンダメンタルもテクニカルも重視してます。ただ、テクニカルについては、ボリンジャーバンドとライン引き(抵抗線、サポート線)くらいしか使ってません。
色々試したんですが、あまり役に立たないという結論に達しました。

よく巷に出回ってる本はこういうテクニカルの手法を紹介している本が多いですが、あれって、4時間足や、日足、週足など、長い時間足でないと機能しにくいんですよね(>_<)
そして重要なのは、相場の原理原則を知っているかどうか、それ知ってたら手法なんて補助程度にしかなりません。
現在の相場環境(上昇相場、レンジ、下げ相場)が分かるようになるだけでも、かなり有利に売買できるんですが、最初はどうしても手法に走りがちですよね。


私の場合は、株のイベント投資の場合に似てますが、決まったイベントやパターンに対して市場がどう動いてくるかを読むのが好きみたいです。

あとは、レンジ相場は苦手ですね(×_×)
ここ数か月は地獄の日々ですww
更にいうと、スワップは基本気にしません。売りの場合は、ドル円、ユーロ円なら数カ月でも全然保有します。豪ドルやキウイ円でも下がると思えば躊躇なく売りでスイングトレードします。


そして、株と違う所は、機関投資家とガチでバトルしないといけないところ。
株の場合は、銘柄選定でなんとかなるんですが、FXは通貨しか選べないので。
もちろん機関投資家に有利なことも多いですが、個人投資家は小回りが利くので、どっちがいいとは言えず、有利な場面で攻めればいいですが、言うのは簡単、やるのは難しい・・・。


ひとまず、億万長者へ向けて利益を積み上げて行こうと思います!

      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

株での投資手法

こんばんは、すいきです。

今回は私がやっている株での投資手法の紹介です(^^)
といっても別に目新しいものではないですが。
※日本株限定です。

為替と違って株は、結構いろいろな手法がありますよね。
以下、例です。まだたくさんあると思います。

(1) 高配当株 ・・・ 配当金が高い株を保有する手法。私は、4%以上が高配当と考えてます。REITもここに入りますね。

(2) 割安株 ・・・ 株価や資産から見て価値が評価されていない株を買う手法。基本的に、値上がりを待つ手法です。

(3) 成長株 ・・・ 資産状態や今後の成長性を評価し株を買う手法。これも基本的に、長期保有ですね。

(4) 順張り(トレンドフォロー) ・・・ 上げ相場、下げ相場についていく手法です。アベノミクス相場はまさにこれが効果的でしたね。

(5) 逆張り ・・・ 相場の節目やパニック相場など、トレンドと反対の売買。トレンド転換を狙った手法です。

(6) イベント投資 ・・・・ 日本国内または海外の重要イベント・株主優待・季節要因などの毎回起こりやすいパターンに沿って売買する手法。アノマリーとかはこれですね。

(7) 株主優待 ・・・ (1)と似たような手法ですが、信用取引を活用したクロス取引で毎月株主優待を取りに行くことも可能です。


で、合わせて株の売買方法、保有の仕方は以下3通り。


① デイトレ ・・・・ 1日に数回トレードするトレード手法です。銘柄によりますが、1株あたり数円単位の利益を狙っていきますので、高いリスクを取らないと利益がでません。

② スイングトレード ・・・ 数日~数週間、長くて1か月くらい株を保有して利益を出す方法です。ある程度値幅を取れますが、売り時が難しいのと、ボラが少ない相場では利益が出せないです。

③ 中・長期投資 ・・・数か月以上保有し続ける手法です。配当・株主優待狙いだとこの手法です。利回り自体は高くないので、資金が潤沢にある人向きです。それと、前提として不景気時の安値で買うことが必須です。

(1)~(3) は基本的に③ですね。
そして、株価が数倍、数十倍と夢のような急騰が起こりやすいのは、(2)と(3)です。(5)も予想通りはまった時の爽快感がすごいですw



それで、私はどうしてるかというと、(4)~(7)+②&③ですね。
株主優待株を除いてあまり長期では持ちません。
なぜか? その間、他の株を売買するお金が減るからです。③で書きましたが、長期保有する場合は、資金が潤沢にないと雀の涙程度しか配当がでません。数千万・数億あるなら別ですが、そんな資金は”今は”ありませんので②のスイングトレードがメインです。働いてますので、①のデイトレはできないんですよね(>_<)

さて、特にメインでやっているのは、(6)と(7)の投資手法です。
理由は簡単、プロの機関投資家と勝負しない為です。

よく言われることですが、プロと勝負して個人投資家は普通勝てません。資金量が全然違いますしねw
ただ、ある程度機関投資家の心境が読める場合は、そのトレンドにのって行きます。
特に東証1部上場の株などはそういう時に買います。そういった株は日経平均やTOPIXに組み込まれていて、それらに連動する投資信託などは機関投資家が買っていきます。
ということは、日経平均やTOPIXに組み込まれている株は、その影響を受けることになります。
日経平均やTOPIXが予想できれば、それに組み込まれた株が上がりやすいか、下がりやすいか分かるわけです。

逆にそれ以外の株は日経平均などの指標の影響を受けにくいというわけです。
そして、もっと重要なのは、機関投資家がそういった株を買いにくいということ。
考えてもみて下さい。他人のお金を借りて会社の許可を得て運用するわけですから、財務状況や将来性など色々吟味した末に許可がでます。大手以外では相当いい株でない限り許可なんて出ないんです。

ということは、そういう所で個人投資家が勝負していくのがいいのかなと私は思っているわけです。
最近は、季節要因や株主優待の権利確定に向けた値上がりに乗っかって株主権利確定前に利確したりと、(6)+②の手法を使うことが多いです。

ちなみに、財務表などの企業の情報は実はあまり読みません。長期で保有したりする場合は読みますが、基本的に長期で割安・成長株は持ちません。手法的に保有期間が短いですし、財務表を読んだりするということは、プロと同じ土俵で戦うことになるからです。

また株価が急落するまでは基本的に、長期投資はしないつもりです。
長期投資派の人もたくさんおられるかもしれませんが、安く買えない限り長期投資はリスクが高いと思っています。

ではでは。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリーしたからといって、いつも利益がでると期待してはならない

すいきです。

いきなりですが、みなさんが株を買ったり、FXでポジションを持つとき何を期待していますか?

ほぼ全ての人が利益を出すことを目的にしていると思います。
そして、経験が少なければ少ないほど、リスクを多くとっていればいるほど、利益がでることを、そしてより多く出ることを期待してないでしょうか。

私も最初そうだったので、よく分かるのですが、とにかくやれば儲かるものだと思いがちです。
特に、最初運よく少額でも儲けることができたならずっと儲けれるものだと勘違いしてしまいます。

そうではないんですよ。上げ相場があれば、下げ相場があるように、勝つときがあれば負けるときもあります。

問題なのは、勝てば勝つほど、自分は負けないと誤解していくことです。
何か月もかけて積み上げた利益を、行けると!と思ってリスクを多くとり、数日で吹っ飛ばしたり(笑)

私はFXで給料数ケ月分のお金を2週間ほどで消し飛ばした経験があります。
そこからできる限り損切りを付けておくことと、直感でやばいと思ったら即ポジションを手じまう方がいいということを学びました。

損が出ると、「いや、待ってればあがる・・・」とか考えだしたら、もうダメですね。私は速攻損切ります。
逆に損が出てても、利益が出ると確信や自信があればそのままにします。

このあたりのメンタル的な部分が、実は重要です。
そして、今までの経験から損は損益ではなく、勉強代や利益を出すためのコストと考えるようになりました。

トータルで勝てればいいのです。
特に勝率にこだわる人がいますが、勝率90%で損している人もいれば、勝率10%でも大儲けしている人もいます。
ようは、勝率が高くても、一回の損失が高ければ意味がありません。
勝率が低くても、利益が出た時がすごい金額ならそれで問題ありません。

勝率はたしかに重要ですが、勝率にこだわっているようでは、問題外です。
目的は儲けることではないでしょうか? 勝率を上げることではありません。

重要なのは、どれだけ儲けれるかの期待値。常に負けることもあるということで戦略・戦術を考えましょう。
利益を積み上げるでもいいですし、トレンドに乗ってトレンドが終わるまでポジションを持つでもいいでしょう。


最初に戻りますが、いつもエントリーする時には、負ける覚悟とダメだった時のシミレーション、どこで損切りをするのかを決めておきましょう。
経験が浅い場合は、どこが重要な節目か、サポートライン、抵抗ラインがどこかが分からないため、損切りや利確のポイントが分かりにくいと思います。もちろん経験があったからといっても難しいんですがww

一番重要なのは、常に続けること。投資に限らず言えることですが、経験がかなり重要になります。5年、10年前の手法が通じるとは限らないので、とにかく続けること(重要なので2回書きました)

手法に頼りすぎないことは当たり前ですが、相場の方向性さえ読めるようになれば、案外なんとかなるものですw
損を恐れず頑張りましょう!


      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

日経平均 下げトレンド継続

先ほどの記事に続き、日経平均です。

まず見て頂きましょう。


日経平均_20140424

赤いラインを見てもらえばわかるかと思います。
綺麗に上値が抑えられ、下落してきています。
かろうじて14,000円がサポートラインになっていて、2回止めているので、今回もこの辺で下落がとまりそうですね。
ただ、悪材料がさらに出てきたら簡単に抜けてくると思います。
買い支えているのが、日本の個人投資である以上、海外勢が本気で売ってくれば、簡単に下がってきます。


今夜、ウクライナ問題が再燃して、為替が円高方向へ動いていますので、明日の日経平均も下げそうです。

来週は日銀会合、追加緩和のサプライズがあれば大きく上に行きますが。
今してしまうと、残りは構造改革や法人税減税くらいしかないので、切るカードがなくなってしまいます。
加えて、黒田総裁は、去年全てを出してきましたので、相当な理由がない限りは追加緩和しないんじゃないかと思います。あくまで個人的な予想です。
逆にサプライズ的な株高・円安を狙うなら今月しかありません。

来週一気に動きそうなので、どちらかに自信をもってポジションをとれない場合は、相場が動き出した後、大抵一度は戻しがありますので、そこで波に乗っていくのがいいかなと思います。

ではでは。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

ウクライナ問題再燃 相場が動くか?

こんばんは、すいきです。

今現在、ウクライナ問題再燃ということで、2時間くらいでドルが50銭くらい下がっています。
この勢いで行くと102円割れそうですね。

さて、このところボラティリティーが下がってきたところに、この下落。
そろそろ動き出しそうです。

日米首脳会談も予想通りのTPP合意せず、まあ簡単に妥結してもらっては困りますが。
こちらも円高要因です。

さて、↓のユーロ円の日足を見て頂けますでしょうか?
ドル円でも良かったんですが、ユーロ円の方が分かりやすかったので、こちらにしました。

ユーロ円_日足_201400424用画像


上下の黄色ラインに注目です。去年後半から1月末にかけて、大きく動いているのが分かると思います。

そして、最近ボラティリティが低下してきています。

このボラが低下するのは、上下どちらかに大きくブレークする兆候です。

どっちとは判断できないですが、ウクライナ問題再燃により下方向へ動きやすい状態ではないでしょうか?

来週の日銀イベントで追加緩和なしになるとおそらくGW一斉に外人投資家が売りに走る可能性があります。


この数か月、ボラがなくレンジ相場だったので、トレンドフォローが得意な人はかなりの苦痛だったんではないでしょうか。
一方逆張りが得意な人にとってはほぼ決まったレンジで上下していたので、とっても稼ぎやすかったと思います。


心の準備はできていますか?
そろそろ動き始めそうです。

日経平均の状態もすぐで記事にアップする予定です。

      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

ドル円のレンジはいつまで続く? そろそろ動き始めるか・・・・

こんばんは、すいきです。

ドル円がひたすらレンジですね(笑)
今週はもう少し上に行くかと思ってたんですが、結局来週の日銀イベントまで小動きかもですね。

↓がドル円の日足。

ドル円_日足_201400423用画像


ここ数年で、2~4月に値幅3円くらいってなかったと思います。

相場はレンジが続ければ続くほど、エネルギーを蓄えて行きますので、動き出したら怖いですね(>_<)

そして、他のブログを見ていると米経済も良いし、ドルが下がったら押し目買いと書いてあるところが結構あるんですが、私は高値でひたすら売ってます。

というのも、そろそろ5月が近づいてきたからです。
米株式は一番4月が上がりやすいと言われていますが、ほとんどNYダウに限っていえば、高値を若干更新するものの基本的に上に抜けない展開が続いています。

またそのうち記事に書こうとは思いますが、5月は株や為替が急落するアノマリーがあります。

※アノマリーとは、
はっきりとした理論的な根拠を持つわけではないが、よく当たるかもしれないとされる経験則のことです。

ちなみに、去年の5月はバーナンキショック。
ドル円が、5月下旬の103円前半から、6月中旬の93円割れまで、1か月もたたず、9円動きました。

他には、たしか2010年5月6日、NYダウが10分間で約1000ドル下落。1日のドル円の高低差は、なんと6円?!


という風に、5月は結構危ない月です(笑)
さらに、米株、ユーロ(特にドイツ)株、日本株、新興国株、どれをとっても高いです。米株とドイツ株はすでに株バブルです。
ユーロなんて、失業率20%超えているスペインの株でも買われてます。債権でも一時危なかったスペイン・ギリシャが既にリーマンショック以前並みに利回りが低下。

怖すぎます(゚Д゚;)ノノ

だって、何も変わってないですよ、ユーロの状況。
日本で例えるなら、数年前の不況で円高の時代に、あり得ない位株がばんばん買われてたと想像してもらえばいいかと思います。(日本がデフレだったという特殊要因もありますが、今のユーロもほぼデフレといっても過言ではないです)

不動産や土地でいうと、ブラジル・中国・ロンドン・ニュージーランド・オーストラリアの都市部でかなりバブルになってます。中国の一部の地域では不動産が大幅に急落し始めてたりもしてます。

そこらかしこでバブルが起こってます。この状況で確率にかけるなら、私はどこかの国が今年バブルが弾けるに賭けます。

そして今は、グローバルの時代。良いか悪いか、人・物・情報・お金が自由にしかも早く行き来きできる時代です。
特に、情報とお金は、瞬時に移動可能です。
ということは、どこかでバブルが弾けると、瞬時に情報が伝達され世界各地でリスクオフ→バブル崩壊につながりかねません。

正直今どこかのバブルが弾けるとリーマンショック以上の世界不況が起こる可能性があります。
どこが震源地になるか分かりませんが、ユーロと中国は確実に爆弾を抱えています。そして、近い将来必ず起こると確信しています。

なぜか? 上がる相場が終われば、下がる相場がくるのが市場の原理原則だからです。バブル崩壊はよく理由が後付けされますが、案外下がり始めるのに理由はないことが多いです。突然下がりだして、上がることを信じていた市場は買います。しかし、下がり続けます。そして、初めてバブルだ?!と気づき始めた人が売りをだし、みんながそれについて行き、ロスカットを巻き込み急落へと突き進んでいきます。
常に上がり続ける市場はありません。これだけ、世界的にリスク要因がある中でこれ以上上がり続けることはないと断言できるだけのリスクが今世界にあります。

話が長くなりましたが、
そういうことを念頭に置いて、トレードをしましょう!
上がる時はじわじわ上がりますが、下がる時は一瞬です・・・・。

ではでは。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
NEWS・情報サイト
プロフィール

すいき

Author:すいき
投資歴5年目突入、
FXと株をやっている30前半の兼業投資家で、経済的自由の獲得を目指しています。

スイング~中期の長くポジションを持つスタイルです。
FXは裁量+トラリピ。
株は中・長期の配当・株主優待狙いがメインですが、最近はコモディティや株価指数に連動するETFを買ってます。

2015年、融資型クラウドファンディング開始。順調に利益が伸びてます。

Twitter:
@suikij_rich8888

twitter
RSS 新着記事
ブログリンク
オススメ記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。