FC2ブログ
目指せ経済的自由!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加

通貨安戦争 勃発

おはようございます、すいきです。

ドル円が日足ベースで116円割れ、ドイツ株のdax指数も重要な節目を超えて、9000割れ、
アメリカ株は節目攻防中、日経平均は日中上がりましたが、取引終了し海外市場で日経先物が大暴落。
恐らく今日は大幅安でスタートしそうです。
そのほか諸々、多くがテクニカルには中期的なトレンド反転が起ころうとしています。
ちなみに、昨日から朝にかけての動きは、欧州発の景気懸念+銀行の収益減だったようです。

私が動かしていたユーロ円ショートのトラリピも当初の戦略通り、無事レンジに戻って利益を出しています。
さらに、131円後半でショートしたポジションがあるので、200pips以上利益が乗って現在もホールド中です。
少し最初の想定よりオーバーシュートした感はありますが、予定通りの動きに戻ってきました。

ここらへんで、いったん、特にドル円は115円攻防、あるいは、ぶち抜いた後、戻しが入りそうな気はしていますので、
為替はいったん利確で様子見といったところですかね。


さて、タイトルの通貨安戦争ですが、日本と欧州でマイナス金利が導入され、
新興国では資金が主にアメリカに資金流出動きが続いています。
そして、その一方でアメリカはドル高になっており、景気に悪影響を与えるといった懸念があります。
雇用統計も雇用数は予想に届きませんでしたが、賃金も上がっている内容で、数字上は悪くありませんでした。
(ただ、注意したいのは雇用数が20万人を切ったのと、この賃金上昇が良い賃金上昇でないとの考察もあります)

とりあえずアメリカの利上げ停止観測は、いったん落ち着いた感じです。
が、次に波乱がありそうな3月、5~6月あたりはやばいかもしれません。

で、一番問題なのは中国の通貨「元」の通貨安攻防でしょう。
■ コラム:中国資金流出めぐる一問一答、当局は阻止できるか (ロイター)

色々な理由から資金が中国本土から流出しています。
そして、ファンドや有名投資家が元売りに動いています。その結果として、中国の外貨準備金が急激に減っているのです。
このペースで行くと、数字上では2~3年くらいと言われていますが、
問題は、簡単に売却して使える資産がどれくらいの割合あるか分からないということ。
すなわち、あとどれくらい通貨安防衛にお金を使えるかが分からないことにあります。

これと同じようなことが昔イギリスであり、投資家側が勝利しています。
今回も中国は強気ですが、準備金の減り具合からいうと、かなり危険な状態です。
中国の元大幅切り下げという話も出ていますが、
これが実現すると、以前起きた、アジア通貨危機のようなことに発展しかねません。
ここ数か月は要注意です。

各国が通貨安を望んで、動いていますが、
中国の人民元切り下げか、アメリカが通貨安に動きだしたとき、均衡が崩れる気がしています。

すでに注意しましょうレベルではありませんが、
さらに大荒れになる可能性を排除せず、対処していきましょう。
こういう相場は儲けるチャンスですが、逆に相当リスクを負うことになります。
自信がなければトレードしないというのも一つの選択肢ですよ。

個人的には、WTI原油価格が25ドル割ってきたら買いに出動したいと思っています。
(もちろん長期ホールド前提)

ではでは、今週の各国通貨、株価、原油の動きに注意しておきましょう。
      にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ    このエントリーをはてなブックマークに追加
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
NEWS・情報サイト
プロフィール

すいき

Author:すいき
投資歴5年目突入、
FXと株をやっている30前半の兼業投資家で、経済的自由の獲得を目指しています。

スイング~中期の長くポジションを持つスタイルです。
FXは裁量+トラリピ。
株は中・長期の配当・株主優待狙いがメインですが、最近はコモディティや株価指数に連動するETFを買ってます。

2015年、融資型クラウドファンディング開始。順調に利益が伸びてます。

Twitter:
@suikij_rich8888

twitter
RSS 新着記事
ブログリンク
オススメ記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。